正しいリフォーム会社選び

リフォーム会社はどうやって決める?

リフォーム楨??に対する希望は人それぞれ
例えば金額を安くあげたいのか、すべてお任せで依頼したいのか、金額は多少高くても高品質なリフォームを希望しているのか、それによって依頼先を検討するポイントがはっきりと見えてきます。

安心できる楨??を選ぶなら
信頼性を重視するなら、「安い・早い」をうたっている会社よりも、じっくり話しを聞いてくれる会社のほうがよいでしょう。「こんなはずじゃなかった」と後悔しないためには、納得がいくまでコミュニケーションをとることが重要です。
あなたの意見や要望を、プロとしてしっかり聞き、的確なプランや提案で応えてくれる。そして実績が豊富で価格も納得できる業者がベストです。

価格の面では
見積りが明確で、商品の差をきちんと解説するなど、納得できるように説明をしてくれることが一番です。また、日頃から新商品の情報を収集している会社なら、時代に合わせた提案をしてもらえます。
アフターケアに関しては、緊急時に駆けつけるなど、リフォーム完了後も密に連絡がとれる会社なら、いつまででも安心です。

楨??のタイプを把握すること

分野で判断すると、外・内装工事、設備関係など、個別の分野に特化している会社と、これらと業務提携しているリフォーム専門店や工務店などに区分されます。
リフォームの場合には、既設の部分との取り合いなどの関係で、総合的な知識やノウハウを持つリフォーム専門店や工務店への依頼が最適です。

建訦?の許可を受けていること

リフォームも建設業の一種なので、原則として許可がないと営業はできません。
ただし、法律上500万円未満の工事は建設業の許可の必要ないので、どんな会社でも500万円未満のリフォーム工事なら請け負うことができます。
いわゆる悪徳業者には許可をもっていない素人同然の会社が多いようです。
建設業許可を持っているかどうか、会社案内やホームページなどで確認してみましょう。

見積りが明確であること

工事内容が一式で明記されていて、総額に対して、大きく値引きをしている業者などは、見積り自体の意味をなさないので注意が必要です。

アフターケア制度をもっていること

新築工事には10年間の瑕疵保証が義務づけられていますが、リフォームには法的な保証制度がありません。
しかし、ハウスメーカーや大手リフォーム専門店、優良工務店などは、住み始めて出てきたトラブルにも対応するアフターケア制度を持っている会社がほとんどです。
保証制度は契約前に確認しておくことが大切です。
口約束ではなく、保証書が発行されることが信頼の証となります。

施工事例を見せてくれること

過去の施工事例はリフォーム業者にとって実績の証明です。信頼できる会社なら、そうした過去の実績は自信をもって見せてくれます。
また、施工事例からは、リフォームの仕上がり具合、どんな材料を使ったかがわかりますし、提案例などを聞くことで、その会社の姿勢や考え方が理解できます。
リフォーム後の完成見学会を行っている会社は、施主様との関係が良好であると考えられ、満足度の高いリフォームができていると判断できるでしょう。

担当者が信頼できること

リフォーム会社自体の信頼性は気になるところですが、担当者が信頼できる人柄かどうかも重要なポイントです。といっても、愛想が良い、話しが上手などの印象で判断するのではなく、依頼のポイントとなる住まいの悩みや問題点、要望などをよく理解してくれてそうか、誠実に対応してくれているか、ささいなことでも納得できるまで説明してくれているか、などで判断しましょう。

以上のようなことを十分に考慮して、リフォーム会社をお選びいただけば、失敗しないリフォームを行うことができるでしょう。
もちろん、当社では上に上げたチェックポイントをクリアしておりますので、お気軽にご相談ください。