リフォームQ&A

リフォームQ&A(よくあるご質問)

リフォームの気になることにお答えします

リフォームと家の修理は違うの?
単なる修理とリフォームは違う 修理は単なる壊れた部分を直すこと。リフォームにもその要素はありますが、そればかりではなく、内外装や空間をつくりかえ、住まいのイメージや生活スタイルを一新します。
築何年くらいからリフォームは必要?
間取りなどに不都合があれば築5年未満でも リフォームは必ずしも老朽化が理由ではありません。最近では、暮らしに不満があれば、築年数に関わらず、リフォームされる方が増えてます。

ページのトップへ

工事中は家に住めないの?
基本的には住めます。 部分リフォームなら住みながらでも問題なし。全面リフォームでも工事の内容によって可能ですが、工期が長引くことがありますので、工事前にきちんと相談しておいて下さい。
壁付けキッチンを対面式にできる?
できます。しかし、配管・内装工事が伴います。 給排水や換気ダクトを移設しなければならないので、床、壁、天井の解体、再仕上げの内装工事が必要となります。最近、多い工事はどうせならLDK全体のリフォームとしてされる方が多いです。

ページのトップへ

階段の位置は変えれますか?
変えられるが、工事は大がかりに 階段の位置を変えるのは、全面リフォームで間取りを変更するときが良いでしょう。階段や間仕切り壁を解体して別の場所に新たに設けることができますが、構造によりどの位置にでも架けかえれる訳ではないです。
地震に強い家にできる?
壁と基礎を補強すれば強くなります。 木造の場合、筋交いが足りない、壁の量が足りない家は、地震に弱い。また、基礎に鉄筋が入っていない場合も同じです。したがって、補強する場合は全体をチェックして、バランスよく筋交いや壁量を確保するよう補強を行います。きちんとした耐震診断に基づき行うことが必要です。
まずはあなたの家の現状を把握するための耐震診断をお勧めします。

ページのトップへ

IHクッキングヒーターの電磁波は人体に影響はないの?
健康への影響は認められておりません。 電磁波は太陽光線など自然界に存在するものであり、IHクッキングヒーターだけから生じるものではありません。IHクッキングヒーターはその加熱方式の名前から多量に電磁波が生じていると誤解されている場合がありますが、一般の家電製品と比べても同じレベルにあり、国際的なガイドラインを大きく下回ってます。 *電磁波とは? 「電界」と「磁界」が相互に作用して伝わる波のことで、「太陽光線」や「電波」「X線」なども電磁波の一種です。電磁波はこの地球上にくまなく存在しており、古来より人類は電磁波と共存してきたのです。
マンションの水まわりの位置は変えられる?
排水のための勾配に左右されます。 マンションでキッチンやバスなどの位置変更をする場合、排水のための床勾配がどれだけとれるかによって制約を受けます。専門家の現場調査を受けて下さい。

ページのトップへ

電話でいくらでできるか聞いてもいい?
電話では正確に答えられない。 リフォームでは、今の家の老朽化状態がどうであるかによって、工事の内容も変わります。電話ではそれが解りませんし、どのようなプランにするか、どんな材料を使うか といったこともすぐには決めれません。したがって、仮に費用が聞けても、かなり大ざっぱな目安にとどまると心得ましょう。
予算は正直に言わないとダメ?
大まかでもいいが、予算は伝えましょう。 営業担当者としても、予算を言ってもらえないようでは、どの程度の規模のリフォームの提案をしてよいものかわかりません。どのくらいかかるかわからない方も希望予算程度は考えて、担当者に伝えたほうが良いでしょう。

ページのトップへ

こちらから会社に行ってもいい?
もちろんOK!会社の雰囲気をチェック 会社を訪問することは良いことです。会社の雰囲気や社員の働きぶりなどを見ることができます。
会社選びの参考になります。
家の中を全部見せなくちゃダメ?
なるべく全部見せたほうがよい。 最低限、リフォームする箇所を見てもらうべきですが、工事が他の部分にも影響する可能性もあります。確認をしておいてもらいましょう。

ページのトップへ

見積りによい、悪いがあるの?
明細が付いていない見積り書はアウト よい見積り書には明細が付いているもの。悪い見積り書には明細が無く、どこになにを使うかなどがわからなくアバウトなどんぶり勘定的なもの。それによって会社の信頼度がわかります。
会社の施工例は見せてもらえるの?
通常、見せてもらえます。 過去の施工事例はリフォーム業者にとって実績の証明です。信頼できる会社なら、そうした過去の実績は自信をもって見せてくれます。
また、施工事例からは、リフォームの仕上がり具合、どんな材料を使ったかがわかりますし、提案例などを聞くことで、その会社の姿勢や考え方が理解できます。

ページのトップへ

あまり細かく注文を出すと嫌がられる?
そんなことは絶対にありません。 担当者もなるべく具体的に多くの要望を聞けたほうが、プランニングしやすくなります。できるかな?と思うことでも、一度相談してみてください。